Googleが何を考えているか知りたい?

ティム・ライス(Googleのソーシャル・モバイル・ソリューションの指導者)は、最近ボルチモア(メリーランド)に、2012年のVocusユーザー会議で、デジタル・マーケティングの今後5年間に、少しのインサイトを提供しました。

「我々は、それをSoLoMoCoと呼びます」と、ライスは言いました。

So = ソーシャル

Lo = ローカル

Mo = モバイル

Co = コマース

5つの領域が今後5年間企業をリードするものであると、ライスは言いました。

1.モバイルは、本流です。

毎年、会議の講演者は「今年は、モバイルの年です」と伝道していたように、思われます

しかし、それは決して起こりません。何でしょう?

2012年は、その年でもありそうでありません。

大手のオンライン広告主の62%が最適化されたモバイル・ランディングページを持っていないことに、ライスは言及しました。
これは、彼らのウェブサイトのデスクトップ・バージョンがスマートフォンで動くと、ほとんどのオンライン企業が思うからです。

スマートフォンであなたのウェブサイトをテストするために、www.howtogomo.comに行ってください。

2.ローカルは、戦場です

3つのモバイル検索の1つには、ローカルな意図(通常、通話へのクリック)があると、ライスは言います。
2015年までには、モバイル取引は、1兆ドルに達します。

3.モバイル・パワー・コマース

より多くの関心と注目は、Googleウォレットと他のデジタル取引オプションに置かれます。
アイデアは、「摩擦」が取り除かれる(「摩擦」は余分のステップを必要とするあらゆる手続きと考えられます)ならば、スマートフォンで購買を完了することによって、ユーザーがより快適になるということです。

4.モバイルは、本流です(パート2)。

「すべてのモバイル加入者の50パーセントは、スマートフォンを持ちます」と、ライスは言いました。

「彼らが眠るときでも、大部分の消費者は常に彼らの電話の3フィート以内にいます。四人に一人は、洗面所でそれを使います。」

また、ライスは、500年以上の時間がAngry Birdsを行うことに毎日費やされる点に、注意しました。
驚くべき多くの時間が、スマートフォンでゲームを行うことに費やされます。

5.ソーシャルは、すべてです。

Google+は、より多くのローカルを織りまぜて検索を作っています。

「Google+リップルとGoogle AnalyticsをGoogle+とつなぐことを考慮してください」と、ライスは言いました。

「Google+は、現在Google検索結果ページに現れています。」

ビジネス・オーナーは、Google+を使用することによるGoogle検索結果でのより良い位置決めと彼らのウェブサイトへのより多くのトラフィックへの明らかな可能性を理解する必要があります。

http://www.cincinnatisearchengineoptimization.com/search_engine_optimizatio/2012/06/think-social-local-mobile-says-google.html

Follow me!

Share