コンピュータ・バカは、「ゴミが入ればゴミが出ていく」ことについて話すのが好きです。

簡単な例:ブログ投稿がコード化される途中に間違いがあるならば、多くのXML/RSSリーダーはそれによって詰まります。そして、すべての将来の投稿が現れることを妨げます。

ITガイは、両手を挙げて言います
「さて、あなたがろくでもない人格を持たなかったならば、それは壊れなかったでしょう…『ゴミが入ればゴミが出ていく』。」

それは、回復力がありません。

仲介者の仕事は、調べて、回復させることです。

あなたのレストランがボートからひどい魚を手に入れるならば、あなたは、それを食卓に出さないで、「ゴミが入ればゴミが出ていく」ことを歴然と示します。
いいえ、あなたの仕事は、あなたが受けとるものを調べて、必要に応じて、それを変えることです。

教育委員会が先生にろくでもない指示をするならば、先生は簡単に手を上げて言うことが出来ます、「私は、仕事をしているだけです。」

もちろん、偉大な先生は、そうしません。
彼は、管理者と本当の顧客(学生)の間のバッファを提供します。

入ってくるゴミは、常にあります。

ゴミが出て来るかどうかについては、あなた次第です。

http://sethgodin.typepad.com/seths_blog/2013/09/the-gigo-buffer.html

Follow me!

Share