スピーチで最もよくあるスタイル(しばしば政治家により用いられて、投資宣伝の中で驚くほど一般的であるもの)は、文に基づきます。
各々の文の終わりに、声は少しわき起こります、まるで拍手喝采を待つように、話者は休止します。

主に、彼らが彼ら自身と観衆を信用する勇気が不足することによって、私は企業のCEOさえこれを行うことを訓練されるのを見ました。

実際、それはTechstars宣伝トレーニングの私の一番嫌いな部分です。

文はスピーチの自然な構成要素でない、そして、語り手と聴衆にとって、それは退屈です。
どちらの方向ででもどんなエネルギーでも維持することは、困難です。

単語のまわりでスピーチを構築することは、さらに難しいです。

パラグラフで、または、さらに物語で講演することの中に、本当の機会はあります。
語り手は我々の注意を自然にひきこむ、そして、彼女は強調と韻律を物語のリズムと合わせます。

ここに、あなたが間違ってないかどうか知る方法があります。
あなたが途中で物語を止めるならば、観衆はあなたがそれを終えるよう強要するでしょう。

それはあなたが望んでいることでしょ?

http://sethgodin.typepad.com/seths_blog/2013/09/words-sentences-paragraphs-stories.html

Follow me!

Share