<p>夢をカタチに インターネット活用コーチの福田浩です(^_^)v
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>ちょっと、気になったことがあったので、書いておきます。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>人はそれぞれ自分のフィルターを通して世界を見ています。
</p>
<p>アドラー心理学では、そのフィルターをライフスタイルと呼んでいます。
</p>
<p>ライフスタイルは、人がそれぞれ作っていくモノ、つまり仮のモノです。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>人が自分のライフスタイルを自分の中から見ることは困難です。
</p>
<p>ですから、自分が何かを見たときに、自分の「感じ方」が正しいと思いがちです。
</p>
<p>しかし、他の人は、別の「ライフスタイル」を持っています。当然に感じ方は異なります。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>「私」を中心において、万巻の書を読んだとしても、万人の賢者の話を聞いたとしても、それは「私」のライフスタイルを通して、私に「都合の良い」ことが見えたり聞こえたりするだけのこと。
</p>
<p>「あなた」が「私」と異なる意見を述べるとき、「私」は「私が正しい!」と叫びはじめます。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>しかし、「あなた」も「私」と同様に、掛け替えのない一個の人格です。
</p>
<p>たとえそれが「私」にとって受け入れられない意見であったとしても、それは「あなた」のライフスタイルからは「私」と違うものが見えているだけのことに過ぎません。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>「私」が「あなたは間違っている」というとき、「私」を「あなた」よりも優位に見ようとしていないだろうか。
</p>
<p>つまり、アドラー心理学で言う「縦の関係」ということですね。
</p>
<p>「あなたは私のように正しい考えを持っていないのだ」と考えて居ないだろうか。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>アドラーの言う「横の関係」であれば、少し対応が変わるのでは無いでしょうか。
</p>
<p>アドラーの言い方を借りれば、「あなたの目で見、あなたの耳で聞く」
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>「私は〇〇と見えている。あなたには△△と見えている。あなたにはなぜそのように見えるのか知りたい」
</p>
<p>そんな素朴な疑問が湧いてくるのでは無いでしょうか。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>もちろん、「あなたの目で見、あなたの耳で聞く」ことは出来ません。
</p>
<p>しかし、出来ないからこそ「あなたの目で見、あなたの耳で聞く」
</p>
<p>つまり相手の立場に立つ、英語では in someone’s shoes なんて言いますね。
</p>
<p>大切なことは、「私を相手のところまで動かす」ということなのでしょう。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>これはまさにU理論で言う「判断の声(Voice of judgement)」「皮肉の声(Voice of cynicism)」を越えると言うことに他なりません。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>私を動かす。私の外に出すことで私のライフスタイルに気付くことがあります。
</p>
<p>それが「自分を吟味する」ということ、「吟味しない人生には意味が無い」と言うことですね。
</p>
<p>ところが、ここで「私のライフスタイル」を替えなければならないと気付くことがあります。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>これは今までの「私」を否定することに他なりません。
</p>
<p>とても怖いことです。これがU理論で言う「怖れの声(Voice of fear)」です。
</p>
<p>「私」の中での「戦い」があるわけです。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>ですから、「横の関係」というのは、なんとなく良い感じに見えますが、実はとても厳しいことなんだろうと思います。
</p>
<p>お互いに否定せずに、なぁなぁで。。。と言うことで有れば問題ないんでしょうけどね。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>そこで、お題にした「眼鏡を替えるようにライフスタイルを替える」ですね。
</p>
<p>こういうことが、当たり前のように「できる」ということが僕の理想です。
</p>
<p>それは「私からの自由」と言っても良いのかも知れません。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>ライフスタイルというのは「仮のもの」という自覚がその前提にあります。
</p>
<p>「男子三日会わざれば」と言いますが、サラッと眼鏡を替えるようにライフスタイルを替えたいモノです。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>ところで、世の争いというモノは、この「私」のあり方、「私が正しい!」と私を固定することに起因するのではないでしょうか。
</p>
<p>「私」をますます堅く守り、「あなた」との接触を断とうとする。そんな場面を見かけます。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>「相対の絶対化」という言葉をどこかで見かけました。
</p>
<p>仮のモノは仮のモノ、そんなものに執着してもしかたがありません。
</p>
<p>&nbsp;
</p>
<p>ですから、ここの書いたことも、明日には別なことを言っているかもしれません。
</p>

Follow me!

Share