夢をカタチに インターネット活用コーチの福田浩です(^_^)v

最近、会話の中に「ナチュラルプランニングモデル」という話題が出てきたので、整理しておこうと思います。
これは、GTDという考え方から知ったアイディアです。

 

ナチュラルプランニングモデルですが。

僕はいつもお気に入りのLIFEのメモを持っていて、「すぐに出来ないこと」については、日付・内容と「次に何をするのか」を書くようにしています。
ToDoリストのように一枚に何項目も書くのでは無く、一枚に1項目というのがポイントです。

そのメモの最初の一枚に「ナチュラルプランニングモデル」を書いています。

 

ナチュラルプランニングモデルというのは、脳の自然な思考プロセスですね。
このプロセスを意識してコーチングをしたり、自分の行動をするように心がけています。

o0800114313603964923

まず、目的と価値を見極める。

行動の前には「なぜ、それをするのか?」ということがあります。
なぜそれをするのかを考えることの価値について、「全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」には、このように書かれています。

  • 成功の基準が定まる
  • 意志決定の基準が出来る
  • 必要なリソースが分かる
  • モチベーションが上がる
  • 焦点が明らかになる
  • 選択肢の幅が広がる

次に結果をイメージすることです。

結果がイメージできる、成果物が見えてくると、そこに至るためのアイディアが浮かんできます。
そうすると、頭は自動的にそれを整理しはじめます。

次のブレインストーミングでは、頭の中に出て来るアイディアを頭の外に出します。

頭の中だけでブレインストーミングをすると数分で疲れてしまいますが、それを外に出すことで長時間、多くのアイディアを整理することが出来ます。
そうして、頭は自然と思考を整理しようとし、足りないところを補おうとします。
大切なことは、それを「頭の外に出す」つまり、記録することだと思います。

最後に「次にとるべき行動は何か?」という質問に答えます。

ほとんどのことは、頭の中だけで、「項目と次にとるべき行動」だけで済みます。
複雑な問題であれば、紙に書くだけでもずいぶんと違います。

コーチを付けると、グンと効率よく出来ると思いますよ。

Follow me!

Share