夢をカタチに インターネット活用コーチの福田浩です。

最近、ちょっとね。いろいろと考えることが有って。
その一方で、フロイトを読んでいました。

河合隼夫先生の本を読んでいて、ちゃんと体系的にユングを知りたいと思ってユング入門を読み始めたのですが、河合先生の本を読んでユングの考え方に触れていると、フロイトをまず読みたくなってね。
読了すると、なるほどユングはこう考えたのか、アドラーはこう考えたんだ、ということが立体的に見えて来るように感じました。

河合先生も小此木先生も、ユングはこう考えた、フロイトはこう考えた、そして自分はこう考えるという語り口が素晴らしいです。
河合先生も小此木先生も立派だと思うと同時に、フロイトもユングも立派だと思う。そういう語り部がアドラーには未だ居ないような気がします。
フロイトもユングも、おそらくアドラーもね。苦悩の中でそれぞれがそれぞれの考え方を育ててきたのだと思います。
彼等の心理学はまず自分学であり、そして臨床への誠実な態度であり、そして社会に対する問いにまで発展するものなのでしょう。
そして、それを読んでいる僕自身の中に、物知りになるということではなく、もっと訴えるようなものが産まれてきているように思います。

あの時代のあの場所に、フロイト、ユング、アドラーという三人が揃ったことに身震いを感じますね。

これから、ユング入門を読んで、その後で「英雄の旅」に戻ろうと思っています。

もちろん、こんなことばっかりしているわけには行きません。
本が積み上がるばかりです(^_^;)

コーチングを始めてこれまでを振り返ると、それなりに成果も上げてきたし、実績も積んできました。
と同時に、自分自身も変わったなあと思います。

僕自身はね。なんどかお話ししたかと思うのですが、心理学って嫌いでね。
きっと、大学の時の心理学の授業が死ぬほどつまらなかったのでしょう...覚えていないけどね。

最近はコーチングをしている関係で、心理学を勉強しているというコーチの人に会うことが多いでしょ。
よく分からないんですよね。心理学を勉強するとどうなるの??って。

コーチとして、やっぱりクライアントに成果を出して欲しいと...最初はね。そう思っていました。

だから、そういう本を読んでいました。
結果を出すために、特効薬は無いものかと。

今、フロイトに触れ、ユングに触れて。。。というよりも河合先生に触れ、小此木先生に触れてと言った方が良いのかも知れませんが。

表面的なね。処世術というのか。。。こういうときはこうすれば良いよ的な。
なにか楽して良い方向に進もうみたいなことってありがちでしょ。

フロイトにしてもユングにしても。あるいは今まで学んできた仏教やキリスト教、そのまえに学んだU理論やダイアログまで繋がっているんだけれども。

そのベースになるもの。態度というのかな。そういうものが有ると思うんですね。
それはきっと、誰にでも感じることが出来る。体験することが出来るものなんだろうと思う。

そこに戻ってくると、今考えて居るコミュニケーションの問題や、コーチングのことが、小手先では無くもっとクリアーに捉えることが出来はじめるように感じています。

フロイトの理論は古いかも知れないし、今の環境にはそぐわないかも知れないけれども、それでもまずはフロイトに戻る。フロイトと対話をすることから始める。
そういう体験がね。僕が今取り組んでいるテーマに生きてくることを実感しています。

次はね。八正道を学びたいんですよね。
四諦というのがあるでしょ。仏教の根本ですね。

人生は苦である。
苦には原因がある
苦を滅することが出来る
苦を滅する方法がある

その方法が八正道。そして、その中の正念がマインドフルネスの原点です。

いつ、たどり着くやら

 

 

Follow me!

Share