インターネットの活用支援とビジネスコーチング
ブログ

コーチング

大人は子どもを騙そう

僕らが子どもの頃は、大人というのは子どもを騙すものでした。おちょくると言うんですかね。僕も子どもを出来るだけ騙すようにしていました。 京都駅をガメラが壊したことが有って。その後、京都駅でガメラ展がありまして、京都へ見に行 …

目的地を見直す

コーチというのは馬車のこと、コーチングというのは目的地に早く届けること。そう言う定義にずっと疑問を持っていました。 実際にコーチングをすると、クライアントさんと最初に設定する目標というのはどんどん変わります。 最初はそれ …

Negative Capability

英語シリーズで、今日はNegative Capability。 Negativeは、まあネガティブですね。否定的というのか。Capability、能力ですね。否定的能力。 詩人のジョン・キーツが言い出した言葉なのだとか。 …

コーチングとは安全地帯から抜け出すのを支援することなり

「コーチング心理学概論」という本を本屋さんで立ち読みしていてね。最初の方にコーチングの成り立ちみたいな事が書いてあって。コーチングの定義みたいな話が幾つか書いてた。 コーチングの定義ってコーチによっていろいろ有ってよく分 …

constellation

河合隼雄先生の本を読んでいて、コンステレーション(constellation)と言う言葉に出会いました。 constellation(星座)ですね。 夜空の星を見ていて、それを星座として認識するセンスはスゴイですね。しか …

Go Getter なアメリカ人と成りきれない日本人

最近、こんな本を読みました。 これは面白かったなあ。 外国人の視点、日本人の視点、そう言うところに興味が有るんです。 一つは、外国人の書いた本を読んでいて、何か違和感がある。これはどんな気持ちで言ってるんだろうみたいな。 …

キャリアとコーチング

コーチ仲間とZoomで対話会を始めました。 キャリアアンカーについて深めたいという話を受けて始めたんだけどね。 話をすると、自分の意識が分かりますね。 なんて言うんだろう。「分かるから話せる」というよりも「話すから分かる …

自己肯定感と向上心

最近、思うことなんだけれども。 自己肯定感って言葉をネガティブな意味で聞くことがあってね。 「自己肯定感低いからなあ~」みたいな。 自己肯定感ってなんだろうと思う。これねえ。考え方の癖じゃないかなあ。 小さな成功体験とか …

コーチングを受ける能力

カウンセリングを受ける能力というのがあるんだそうですね。 1950年代、シカゴ大学の若き研究者 ユージン・ジェンドリンはカール・ロジャーズと心理療法で成果のある人と無い人が居るのはなぜかを研究したんだそうです。 そこで、 …

パラダイムシフトの時代の方法論

「リーダーシップとニューサイエンス」の読書会をして思ったことを何回かに分けて書いてみます。 今回はこの本の「はじめに」のところを取り上げます。 今年も地震やら猛暑やら大雨やらと、日々何か予測も出来ないようなことが起こって …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © アートシステムコンサルティング All Rights Reserved.
このページの先頭へ