楽しみにしていた対話会。専門家の皆さんに交じってお話しするのはちょっと緊張しますが、とても楽しいです。

組織での変化に対する恐れと言うテーマで話をしました。
なかなかね。組織変革というのは難しいテーマです。

アフターショックという本が有ってね。これは僕のお気に入り。
ラーニングマスターズさんのセミナーに行ったときにもらいました。

変化が起こったときに、そのショックをどのようにケアするのかという話でね。
変化には「終結期」「過渡期」「新生期」があるんだと。それぞれのフェーズをしっかり対処することでダメージを抑えながら変化を起こすことが出来る。

僕らは「変化」が起こるところ、つまり「新生期」を変化と考えがちなんだけれども、実はそうでは無くって、「終わる」ところから変化は始めるんだというところですね。
大事なテーマだなあ。ちょっとこの辺をまとめてみようかな。