英語シリーズで、今日はNegative Capability。

Negativeは、まあネガティブですね。否定的というのか。
Capability、能力ですね。否定的能力。

詩人のジョン・キーツが言い出した言葉なのだとか。

私はディルクにさまざまなテーマで論争ではないが長い説明をした。私の心の中で数多くのことがぴたりと符合しハッとした。特に文学において、人に偉業を成し遂げしむるもの、シェイクスピアが桁外れに有していたもの――それがネガティブ・ケイパビリティ、短気に事実や理由を求めることなく、不確かさや、不可解なことや、疑惑ある状態の中に人が留まることが出来る時に見出されるものである。

https://ja.wikipedia.org/  ネガティブ・ケイパビリティ

キーツがここで「ネガティブ」と言うとき、望ましくないことを指して言っているのでは有りません。
具体的な内容が無く、不確実で不明瞭であることを「ネガティブ」と言っているのであって、むしろ「知らない」という創造的な状態のことを言っています。

事実や理由、真偽や判断、そういうものを得ようと焦るのでは無く、思考や気持ちを今少し止めて、違った種類の注意の向け方が起こるスペースを作る。
ただ開かれた受容的な意識を作って、そこで何かが来るのを観察する。

創造性というのは、そう言うところから生まれてくるような気がします。