ブランドをつくることは、準備して忘れる提案でありません。
職を得たか、成功したビジネスを造った後でさえ、あなたはブランドを育てて保護する必要があります。

強い、前向きなブランドはあなたが品格と能力を持つことを示します。そして、それは遠くビジネスと仕事であなたを遠くに運ぶことができます。

しかし、一つの小さい失敗は、あなたのパーソナル・ブランド、あなたのビジネスとあなたの将来の業績予想をだいなしにするかもしれません。

あなたのパーソナル・ブランドを成長していて、健全にしておくためのいくつかの助言は、ここにあります:

あなたができる最高であってください。

数年前、私はHPコンピュータを買いました
そして、若干のソフトウェアをインストールした後に、私は苦労し始めました。

私はライブのサポート担当者に向かって話すことができただけでありませんでした、彼女は、解決策がうまくいったことを確認するために、数日後になって私に電話しました。

この経験は、常に私にくっついて離れなかったです。

なぜならば、私が技術的な助けを必要とするとき、私は、少なくともたっぷりの料金を払うことなく、そう頻繁にライブのサポートを得ることができません、
そして、ここHPは、フォローアップするために、私に電話をしました。

何にもまして、ブランドは価値についてです。
一流のサービスを提供すること、超一流の従業員であることは、あなたのパーソナル・ブランドを維持して、拡大する最高の方法です。

タイムリーな、プロらしい方法で問題に反応してください、そして、手を抜かないでください。

あなたが何を言って、何を行うかについて見てください。

アバークロンビー・アンド・フィッチが若者、腰と涼しさの要求を満たすと、誰も疑いません、しかし、CEOマイク・ジェフリーズが、彼が太りすぎであるか醜い人々が彼のブランドを着ていることを望まなかったことをほのめかして、同社が「全米州の」若者に目標を定める、そして、多くの人々が彼らの服に相応しくないと言ったとき、ブランドを傷つけました。
コメントは、会社に公的な謝罪をすることを強いた否定的な評判、訴えとソーシャル・メディア・バズの大旋風を引き起こしました。

ブランドをつくることは、鈍感であるか不注意な発言で瞬く間にだいなしにされることができる多くの時間と努力を必要とします。

ビジネスは、危険にさらされた唯一のものでありません。

ブログとソーシャル・メディアでなされるコメントのために、多くの従業員は首になりました。
そして、あなたが言論の自由によって意見をシェアしたとして逮捕されることから保護されていることになるのに対して、消費者と雇い主は憲法のその項に束縛されません。

あなたが狼狽した顧客またはマネージャーに答えたい場合を除き、オンラインだけでなく、あなたの意見を他の人と共有するかもしれない人々の前でも、あなたが言うことに注意してください。

他の人があなたについて言うことを監視してください。

円形に座ってメッセージが一人の人から次の人に渡される伝言ゲームを覚えています?

メッセージがどのように最初の人から最後までに変わったかことに気づく際に、ゲームの楽しみは、ありました。

この種の現象はビジネスの中で起こることができて、同様に働くことができます。

ゴシップと悪い知らせは速く流布する、そして、しばしば、各々の改作された物語によってより悪くてより不正確になります。

これを防ぐ最高の方法は、他の人があなたについて語るものに注意を払うことです。

オンラインで、これはGoogleアラートによって行われることができます。そして、あなたの名前やビジネス名称が言及されるとき、それはあなたに通知を送ります。

あなたがあなたについて言われる否定的な何かを発見した時、それを修正するか、それを正しくするよう努めてください。
怒りまたは脅威を持って反応しないでください、
それは問題をあおって、あなたの「悪評」の一因となることがありえます。

その代わりに、真実とプロ意識を持って答えてください。

あなたのブランドは、あなたの注意と保護を必要とする、生きた、呼吸する資産です。
可能な限りの最高のサービスを提供して、あなたが言っていること、していること注意して、他の人があなたについて言うことを監視することによって、あなたのブランドの健全さと繁栄を維持してください。

著者:

レスリー・トゥーレックスは、1998年以降彼女のウェブサイトWork-At-Home Successを通して人々が彼らのライフスタイル目的に合う仕事を見つけるか、つくるのを、助けているキャリア・デザインの専門家です。

彼女は、「自宅勤務成功バイブル」と「オンラインの仕事:自宅勤務の職に就く方法」」の著者です。

彼女は、在宅勤務とホーム・ビジネスを含むキャリア関連の課題について、定期的に講演します。

http://www.personalbrandingblog.com/the-care-and-nurturing-of-your-personal-brand/