あなたがすることができないということの白黒のリストを持つことは、とても簡単です。

厳しい限度、あなたが芸術を作り、率直に話して、書いて、スピーチをして、滑稽で、魅力的で、印象的で、重大な局面を乗り切って、このような苦難を生き残るための遺伝子を全く持っていないと言う限界…やめることは簡単です。

それに応じて、我々は尋ねます。「一回もない?」

あなたは決して一度も、滑稽になることも、奮起することも、繋がる事もありませんでしたか?

あなたは一度も、信頼されることも、熱心であることも、独創的であることもありませんでしたか?

一度も、他の誰かが読んで喜んだ文章を書いたことも、尋ねられる必要はあった質問に尋ねたこともありませんでしたか?

我々がそれが可能であるということを知っている今、本当の質問は「どれくらい頻繁に、あなたはもう一度それをすることができますか?」です。

http://sethgodin.typepad.com/seths_blog/2013/07/not-even-once.html